リンゴに含まれるビタミン
リンゴにはどのようなビタミンが含まれていますか?
写真:ゲッティ

リンゴの鉱物やビタミン

これらの果実は80%以上の水であり、それに加えてペクチン、デンプン、砂糖、繊維があります。野生のリンゴの品種は豊富な酸とフラボノイド、そして文化的なもの – ビタミン、多量栄養素と炭水化物を含んでいます。

果物の組成では:

ベータカロチン;

・葉酸;

・チアミン。

リボフラビン;

・ナイアシン;

・ビタミンC;

・トコフェロール;

・ビタミンKおよびB5;

・マグネシウムおよびカリウム塩;

・亜鉛;

・鉄。

葉酸はチアミンとビタミンB5と一緒に神経系の働きを調節し、細胞を保護します。この物質は脳の日々の仕事に関与し、脳の負荷を促進します。

赤色と黄色のリンゴには、ビタミンAとそのプロビタミンβ-カロテンが含まれています。緑色の果実では、そのような物質は存在しません。プロビタミンAは日光の有害な影響から身体を保護し、免疫力を高めます。

リボフラビンとナイアシンは血液循環を調節し、身体から危険な物質を除去します。アスコルビン酸は気分や耐性を高める。

トコフェロールは筋肉をトーヌスに導き、毛細血管の壁を強化する。ビタミンKは身体の再生過程を活性化し、胃腸管の働きを改善します。

カリウムとマグネシウムは、心臓や血管の食物です。ミネラルは心血管系を過負荷やストレスから保護します。カリウムとマグネシウムは脳卒中や心臓発作の発症を予防します。

リンゴには鉄が多く含まれています。ミネラルの最大の含有量は緑の果実です。この要素は、貧血、肝臓疾患および造血を予防する。鉄は免疫力も高めます。

亜鉛は体内の有害物質(特に二酸化炭素)を除去し、脂肪、炭水化物、タンパク質の合成と加工に関与します。ミネラルは皮膚の損傷部分を修復し、トコフェロールを同化するのに役立ちます

ビタミンが豊富なリンゴを選ぶときは、ダークスポットがない肌に、熟した果実を選ぶべきです。熟した果実はすぐに有用な物質を失う。赤いリンゴはピンク、黄色、緑の果物よりもアレルギー性があることを知る必要があります。

栄養士は食べた直後にリンゴを食べるよう勧めていません。主食と果物の摂取との間の最適な時間間隔は2~3時間である。

リンゴは、自然界で作られたビタミンとミネラルの複合体です。医師は、毎日の食事に少なくとも3つのリンゴを含めることをお勧めします。

見た目:植物油