タマネギは風邪に役立ちますか?

タマネギには、ビタミン、ミネラル、フィトンチッド、精油、カルシウム、鉄、糖、有機酸など多くの有用物質が含まれています。

風邪のためのタマネギ
タマネギ – 風邪の治療に効果的
写真:ゲッティ

この豊富な組成のために、タマネギは積極的に身体に影響を与えます:

  • ウイルスに対する耐性を高める。
  • 殺菌効果と治癒効果があります。
  • これは、口腔および胃の病原性微生物叢を中和する。
  • 強力な抗酸化物質として働きます。

タマネギの恩恵を最大限に引き出すには、熱処理に付すことなく、定期的に食べるべきです。

冷たいタマネギの治療

鼻を洗浄し、あなたの喉をすすぐには、ナイフで中球を粉砕し、暖かい、精製水のガラスを注ぎ、蜂蜜5グラムのヨウ素を加えます。 1時間を主張するには、排水する。 1日3回、5滴をつける。

タマネギを砕き、1リットルの熱いミルクを注ぐ。 1時間静置し、1日3回50mlを服用します。

アパートの空気をフィトンシーズの玉ねぎで飽和させるには、電球を数個に切り、それを各部屋のソファーに広げて、萎むように変えてください。

揮発性の活性物質の吸入は、回復を促進し、他の家族の病気を予防する

吸入器には、乾燥したカモミール、レモンの皮2個分とタマネギの半分を入れます。すべての沸騰水を注ぎ、少なくとも5分間吸入器を通して蒸気を吸う。蒸気は熱く焙煎しないで楽しいはずです。

タマネギでスープに玉ねぎを磨きます。質量をガーゼ上に置き、いくつかの層に折り重ねる。気管支領域と背部にオニオン圧縮を適用します。フィルムを包んで、タオルやスカーフを暖める。

タマネギのスラリーを作って、ガーゼでジュースを絞る。沸騰水を1:1の比率で加える。寒さから鼻を埋める。

酸っぱいリンゴとミディアム・オニオンの1つを焼き、蜂蜜を加えます。大さじ1日3回、熱帯魚のように摂りましょう。

タマネギは胃の粘膜を刺激する。少量では患者の食欲が増しますが、食べ過ぎると痛い感覚につながります。同じ理由から、胃炎や消化性潰瘍の人々を食べる価値はありません。

冷たいタマネギの適切な処理は、効果的で安全であり、高コストを必要としない。

知っておくと便利なこと:風邪のある暖かいビール